残り湯の時代は終わった。【大人のワンダーランド第三回】

0
    JUGEMテーマ:お絵描き

    リアルタイム出し汁機能採用!

    出し汁を極めた、大人のエンターテイメント。

    故意? いえ事故です。
    たまたまそうなったんですよ奇跡的に(関係者談)

    それが『美女の足湯豆腐』である――。



    ――――第三回『美女の足湯豆腐』―――――

    美女 足湯 湯豆腐

    チャージ代・3500円
    指名料(1名につき)・1000円
    料理セット(豆腐、野菜盛り合わせ)・2500円
    飲み放題(アルコール)・3000円
    飲み放題(湯)・500円

    以下、経営者による説明――。

    食品衛生法?
    風営法?

    いえいえ、あくまで事故ですから。
    お客様が湯豆腐を食べていたら、勘違いした美女が偶然足湯に来たと、
    そういう話ですから。

    温度? さぁたまたま低かったんじゃないですかね?(笑)
    さすがに気づくだろうって?
    じゃあ、一回食べてみてくださいよ。案外、気づかないですから。

    指名料を取ってるだろって?
    指名って生産者のですよ。
    今の時代、おかしな事じゃないでしょう?

    飲み放題(湯)のことですか?
    そば湯ってあるでしょう?
    他の店は無料で出すかもしれませんが、ウチは有料なんですよ。

    経営者は、取調室で意気揚々とそう語ったという。
     

    犯罪はいけません。狩るならここで。【大人のワンダーランド第二回】

    0
      【大人のワンダーランド企画書】

      第二回
      『いちご園』

      ・設置場所
       ワンダー農園内
      ・料金
       90分3500円
      ・備考
       温室栽培
       練乳支給
       持帰り可(別料金)
       アリバイ用いちご有り

       コンセプトは
      『犯罪はいけません。狩るならここで』
      のようです。

      はて、『いちご狩り』の何がいけないのか。

      ↓イメージ画
      いちご園

      ああ・・・・・・

      これは、あかんやつですね。
      完全に犯罪です。
      どうやら『いちご狩り』ではなく『いちご柄狩り』のようですね。
      皆さんは真似しなように。

      しかし、まぁ世の中には狩りたい人もいるのでしょう。
      確かに、ここなら狩り放題ですからね。
      明日の活力のためにも、存分に狩っていただきたい。

      しかもご丁寧に、入り口で練乳まで用意してくれるそうで。

      いや待て。
      使わんやろ。

      ところが、統計によると練乳の使用率が大変高いそうです。

      食うてるんかい!

      さらに『アリバイ用いちご有り』とありますから
      本物のいちごも用意されているようですね。

      「父さん、今日いちご狩り(柄)行って来たんだぞ」
      「わぁ、甘い!」

      という会話が展開されるわけですね。

      うーむ。
      なんとも罪深い。

      ちなみに定期的に警察官が出現する模様。
      ドキドキも味わえて、まさに大人のエンターテイメントですね。

      補足として、隣にはサドル畑が併設されているようです。

      イメージ画↓
      サドル園

      あ、これは一見するとキノコですね。
      いえ、サドルです。

      これは、楽しい・・・・・・のか?
      そんなもん採ってどないすんねん。

      ちなみに、採ったサドルをその場で雑炊にしてくれるサービスもあるようです。

      いや食うんかい!
      魚みたいに言うなよ。

      記念に魚拓、いや座拓でしょうか。
      どうでもええわ。

      まぁ、世の中にはいろんな趣味を持った人がいますからね。
      何度も言いますが、犯罪はいけません
      狩るならワンダーランドで。
      (持帰りもできるよ!)
       

      もう一回ねぶれるドン!【大人のワンダーランド第一回】

      0
        世の中には様々なワンダーランドがあります。
        そして誰しもが、いつかは自分の理想とするワンダーランドと作りたいと思っているはずです。

        という訳で、幻のワンダーランド建設計画書を勝手に考察していきたいと思います。

        第一回
        「れろれろレボリューション」

        ・設置場所
        ゲームコーナー
        ・料金
        一回2000円(コンティニュー、500円)
        ・備考
        個室完備

        コンセプトは紳士のたしなみですな。
        抑圧された現代社会。
        きっと自分の中に押し込めた、本当の自分が存在しているはずです。
        それは、つまり・・・・・・

        『ねぶりたい』

        ねぶって、ねぶってねぶりたい。ねぶり明かしたい。
        そんな願望を存分に解き放ち、また月曜からがんばってもらおうという提案です。

        はい、イメージです↓
        れろれろレボリューション

        まさに、クールジャパン。完全に異世界に生きてますね。
        有り体に言えば、be crazy。

        いったい何が『Cool』なのかはさっぱりわかりませんが

        それより、気になるのは『抗菌ver』の文字。
        いやいや、これ前作どうなってたんだよ! まぁ、たとえ抗菌だろうが嫌過ぎるけど。

        計画では、毎回係員がアルコール消毒をするそうですが、そういう問題じゃねぇ!
        なんですかね、ボトルキープみたいな感じでレッグキープなんですかね。
        「いや、これまだねぶれるんで!」みたいな。

        知らんがな。

        そもそも、ゲーム性はどうなっているんでしょうか。
        足下を見るかぎり、踊る? ようですが、スコアはいったい何で評価するんですかね。

        よく音ゲーには、『フリー』みたいな音符ありますけど(連打とかするやつ)
        この場合、どうするんでしょうか。イジリー岡田さんとかハイスコア叩き出しそうですね。

        ちなみに、このイメージの男性は普段、500人の部下を従える凄腕だそうです。
        いやぁ、人ってわかりませんな。

        と、言いながら、実はこれちょっと理解できるんですよね。
        結局、フェチは人それぞれだし、これなら誰も傷つけませんからね(見た人がショックを受けるってのはあるかもしれませんが)

        良いと思いますよ、思う存分ねぶれば。それでまたがんばれば。
        つまり、倫理的に問題があるだけで、コンセプトの方向性は間違ってない・・・・・・ような気もする。

        だって、みんな、変態でしょ?

        1

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:320 最後に更新した日:2017/01/01

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM