語呂合わせで覚えるメガマック

0
     先日、公園でベンチに座っていると、3才くらいの女の子が母親の元へ駆け寄る光景を目にしました。
     女の子は、母親まで数メートルのところまで近づくと、大きな声で母親を呼びました。

    「母上〜!」と。

     私は思わず、口に含んだコーヒーを噴き出しそうになり
    『こりゃまた、古風な教育方針だな』などと思いながら見ていると、
    そこに父親らしき人物が現れました。
     ここはやはり「父上」と呼ぶのだろうか、と期待に胸を膨らませていると

    「ダディー!」

     まさかの斜め上でした。

    相変わらず、東京は混沌としていますな。


     さて、ラフスケッチ――

     職場でのこと。
    その人は、ウチの娘のことをいつも気に掛けてくれるのだが、いつまで経っても娘の名前を覚えられない。
    話すたびに
    「えっと・・・・・・何ちゃんでしたっけ?」
    と聞いてくる。
    その都度「○○です」と苦笑いするのだが、まぁ確かに、しょせん他人の子ども、名前を覚えるのは大変かもしれない。
     
     しかし今日、ついにその人はとんでもないことを言い出した。

    ウチの娘が熱を出したと聞いた、Sは心配そうな顔で近づいてきた。
    S「熱、大丈夫なんですか?」
    私「え? ああ、娘のことですか。はい、おかげさまですぐに下がりましたから」
    S「えっと、何ちゃんでしたっけ? ○○ちゃんか○○ちゃんだったことは覚えているんですけど」
    私「どちらも違います・・・・・・○○です」
     私はいつものように、そう答えた。
    S「ああ、そうでしたね。いっつも勘違いするんですよね。う〜ん、何か良い語呂合わせとかないですかね?」
     私はきょとんとした表情で、Sを見つめた。
    S「ほら、1192作ろう鎌倉幕府みたいな」
     鎌倉幕府は人の名前ではない。さらに言うなら、私の娘は歴史上の人物でもない。
    私「いやいや、ないですよ。そんもの」
    S「う〜ん、それじゃ特徴とかないですか? 額にでかいホクロがあるとか、かつての千昌夫みたいに」
     何故、人の娘をホクロで覚えようとするのか理解できなかった。百歩譲ってそういう覚え方もあるとして
    それは言わないで欲しいものだ。いや、それ以前にこの人は、千昌夫をホクロで覚えているのだろうか。
    私「ホクロですか・・・・・・ないですね」
    S「そうですか・・・・・・じゃあ、目が大きいとかそういうのは?」
    私「ま、まぁ目は大きい方だと思いますけど」
    S「じゃあ、メガ○○ってので覚えます!」
     人の娘をメガマックみたいに言うんじゃないよ。
    私「いやいや・・・・・・そんなメガでもないですし」
    S「ついでに、誕生日も教えてください。語呂合わせで覚えるんで!」
     私は心の中で呟く。いや、もう覚えなくていいよ。と。
    私「・・・・・・4月19日です」
    S「ほう・・・・・・メガマック単品の値段と一緒ですね419円ですから」
     知らんがな。こいつ、ウチの娘をメガマックと勘違いしているのか? いや、それよりもメガマックの値段は覚えられるのに、人の娘の名前は覚えられないとは。
     私はうんざりした表情で答えた。
    私「そんな無理して覚えなくてもいいですよ」
    S「大丈夫です! もう覚えましたから。・・・・・・えっと、メガマックですよね」
     完全にメガマック言うてもうたがな!

    私「はい、もうそれでいいです」
     心の中で娘に謝りながら、そう答えたのは、この無礼でくだらない会話を一刻も早く終わらせたかったからだ。
     今日は、娘の好きな『ビスコ』を買って帰ってあげようと、その時の私は考えていた。

    ――
     さて、
     私(筆者)に娘がいるのか? はい、いません。完全なる独り身です。
     つまり、叙述トリックですね。
     そんなたいそうなものでもないですが、視点を真逆にして書いてみました。
     つまり、本文中の『S』は私で、『私』が相手です。
     相手の心情が、上記のようだったかどうかはわかりませんが、そこはあくまで想像です。

     どちらにしても言えることは、私(筆者)が大変失礼だと言うことですね。  

    二度漬け禁止とぱんにゃん

    0
      大阪、新世界通り。
      そこにはひしめき合うように串カツ屋が建ち並んでいる。

      最近では、串カツの『二度漬け禁止』は一つの文化として、全国的にも知られるようになった。
      しかし、何故、二度漬け禁止なのか。その本当の理由はあまり知られていない。

      その起源は、大阪の一般家庭にあったのだ。

      どこの家庭にもたいてい常備されている、オロナインH軟膏。
      中学生に上がったばかりの、ある少年は、ニキビ悩まされていた。
      思春期の彼は、懸命に毎晩オロナインを塗っていた。そんなある日、彼は衝撃的な光景を目にしたのだった。

      仕事から帰った父親が、帰宅するなり、オロナインH軟膏を山ほど指に取り、それを肛門に塗りたくるのだった。

      彼は嫌な予感がした。彼の脳裏に、おぞましい想像がよぎった。そんな彼を尻目に、父親は躊躇なく二度漬けする・・・・・・。

      彼はその時、誓った。
      『二度漬け許すまじ』と。

      それが、後の私である。

      さて、日々のスケッチ――



       春の冷たい雨は、もの悲しい。華やかだった桜も、すっかりと散り、その花びらが道の端で無残な姿をさらしている。

      春は出会いの季節、しかし出会いは別れの始まりとも言えるわけで、まるで、桜はその散りざまをもって私たちに栄枯盛衰を訴えているようにも思える。

       「二度と同じ夏は来ない」というCMの言葉。当然、二度と同じ春は来ないし、同じ桜の姿は見られない。

       今年の桜を思い出せるか? と自分に問うと、悲しいかな思い出せない。

       刹那的に過ぎる時間はいつも、思い出や時間(人生)を曖昧にしてしまう。



       そんな事を考えながら、私は長い坂道を下っていた。

       ふと、傘の隙間から、店先に置かれた妙な張り紙が目に留まった。

       その店舗は寿司屋のようで、持ち帰りもやっているようだ。その商品を店先に並べてあるのだが、問題はその横に書かれた文字。



      『ご用の方はチャイムを一度だけ鳴らしてください。決して二度は鳴らさないでください。もし、二度ならしてしまうと、般若が現れます』



       私は思わず、立ち止まった。後ろを歩いていたサラリーマンが、迷惑そうに私の脇をすり抜けていく。



      (は、般若・・・・・・だと?)



       もはや、意味がわからないを通り越して、狂気すら感じる。

      そこまで二度鳴らされたくないのだろうか。いや、本当に、いるのか? 般若とやらが・・・・・・。



       仮に本当に般若がいるとして、般若は鳴らされるまで待機しているのか?

      いやいや、アルバイトの応募条件に『般若、もしくはそれに準ずる方』という文字は見たことがない。

       つまり、般若を時給900円で雇うことは不可能だということだ。

      それならば、般若とは何かの比喩ということになるが、いったい何のことを言っているのだろうか。

      そうか! 何かの聞き間違いで『はんにゃ』ではなく『ぱんにゃお』かもしれない。

      レモネードを聞き間違えて、ラムネと名付けた日本人のことだからやりかねない。



       いや、まて・・・・・・



       もし『ぱんにゃお』だったら。むしろ会ってみたい!


      ※特撮というバンドの歌詞に
      『猫かと思って、よく見りゃパン! しかも、一斤!一斤!』というものがあるが、それがここで言う『ぱんにゃん』かどうかはわからない。

      お、押してみるか?

      私は少し迷ったが、結局その場を後にした。

      何故なら、寿司を買うだけの金が財布に入っていないかったからだ。

      まずはタイトルに悩んで三時間

      0
        悩みますよね、タイトル。

        三時間というのは、アダルトショップで実に微妙なAVを発見した時の「か、買ってみるか、いや・・・・・・見なかったことにするか」を悩むくらいの時間です。(自分比)嘘だと思うでしょうが、私の場合、一旦、家に帰ってまったりとコーヒーを飲んでる時に「後悔するくらいなら、チャレンジやで」という神(エロ神)の啓示が突然聞こえて、小走りでアダルトショップに駆け戻るというプロセスを経るので本当にそれくらい時間がかかります。小走りなのは、大抵が閉店間際の出来事だからです。これ、あるあるですよね。

        以前、アダルトショップのカウンター横にAV女優らしき切り抜きが貼ってあったので、店主に「これ誰ですか?」と聞いたら「知らん、知らんけどな、ええねん」と言われたことがあります。全然良くないです(その場で写メを撮り、その後、執念で検索しました)。

        さて、日々のラフスケッチということで――
         今日、道を歩いてて思ったんですが、あれですね、ビルの向こうに山が見えないんですね23区は(八王子では高尾山が見えましたけど)
        よく「星が見えない」とは言いますが、山が見えない、海が見えない、も同じくらい寂しい気がします(奥多摩へ行くと星もよく見えますけどね)
         つまり、以前は都市部というものが、自然を切り開いて作られた人工物であることを無意識のうちに感じていたわけです。
        都市部とは非日常であり、仕事や買い物をしたり、遊んだりする場所というイメージだったんです。
         しかし、メインストリートから外れ、一歩路地裏に入ると急に人の気配が減り、まるで寂れた観光地のような風景に出くわしたりもします。老人と猫、木造家屋や猫。二度と開くことなにシャッター、と猫。
         いや、猫多いんです。

         そういえば、猫のエサやりを条例で禁止しているところもありますね。
        以前アパートの前に深夜三時頃に現れる猫ババァという老婆がいました。
         私はたびたび猫ババァに遭遇したのですが、猫にエサをあげることは構わないんです。しかし毎回、皿代わりのアルミホイルを放置していくのが困りものでした。ある日、その事をやんわり伝えたら猫ババァは姿を消しました。
         そんなにアルミホイルを回収するのがおっくうだったのでしょうか。それとも猫ババァの正体がアルミホイルだったのでしょうか。まぁ、今となってはそれを知る術はありませんが、結果的に、猫ババァもアルミホイルも消えました。
         ちなみに、猫には近所の人がちゃんとエサをあげています。

        「増える猫、消えるババァとゴリラ芋」

         今日も東京は混沌で満ちているな、と思うのでした。


        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:320 最後に更新した日:2017/01/01

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM